忍者ブログ
一次創作日記。イラストや写真をたまに載せていきます。
 467 |  466 |  465 |  464 |  463 |  462 |  461 |  460 |  459 |  458 |  457 |
 


アルファルド城。
現在進行中のInnocent~の舞台になっているお城ですが、このお城はとっても形が複雑なのです。
高い城壁の中に、塔が8本+中央に、ほかの塔より一回り大きい天守があります。
さらにこの城壁、普通の円筒形ではなく、後方につれて緩やかに高くなっているのです。
たとえるなら、レストランの伝票を入れる透明な筒とか、トイレットペーパーの芯を斜めにカットしたような形。

そんな形に設定してしまったものですから、城を斜めのアングルで描くときはすごくアタリが取りづらいのです。
かといって設定は変えたくない。似たような形状の城の写真もないし、実物のアルファルド城もない……。
困り果てたとき、ふと目についたのが「自由樹脂」。

というわけで、アルファルド城の模型を自作した話を今回は書きます。

長くなるのでつづきからどうぞ!
*画像多めです


7/28.8/2.8.10日の拍手ありがとうございました!







今回使用したのはこの白い自由樹脂と、後ほどでてくるピンクの自由樹脂。
高温になると溶けて、接着したり自由に造形できるのが特徴です。

パーツごとに色が分かれていたほうが見やすいとおもったので、白いほうを城壁、ピンクを塔として使用します。

準備するのはヤカン、大量のお湯と水、あらかじめ紙に書き下ろしておいた設計図!

まずは城壁。

こんな風に大まかな形を作り、



お湯をはったナベに投入します。

 

するとこんな風に表面がとろけてくるので、水で冷却。
すぐに固まってしまうので、指で少しずつ理想の形に成型します。
冷え切って固まってしまったら、再度ヤカンのお湯を投入。

そんなこんなで城壁が完成し、次は塔。



このピンクの樹脂をさっきの要領で成型し、さっきの城壁と接合します。


そして完成!


……あれ、なんか思ってたのと違う……。



 

まあ大体のアタリがとれればいいよね!!


というわけで、アルファルド城(低クオリティVer.)は今も引き出しの中に眠っています。

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
常磐
性別:
非公開
最新コメント
[03/11 しゅしゅ]
[01/05 シギノ]
[09/05 常磐]
[09/01 N村]
[08/28 常磐]
ブログ内検索
P R
Copyright ©  7th diary  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]